あなたの中にある天才を探しませんか?

Kくんの合格体験記
秋の模擬試験で全国一番(国語)は気分がいいよね!

医学部入試においては、まず理数系科目の実力が不可欠であるということは、言うまでもありません。中でも私が苦手としていた数学は、特に重要視される科目であったと言っても過言ではないでしょう。
 現役時代は理数系科目が医学部レベルとは言い難い状態で受験を迎え失敗、一浪して大手予備校の医学部コースに通学するものの、レベルの高すぎる問題や情報量の多さに圧倒され実力も十分に養えず再び失敗、二浪を迎えるにあたり悩んだ末にこの塾の門扉を叩くに至りました。
 一浪目において学んだこと、それは大手予備校の授業を自分のものにすることの難しさに他なりません。特に医学部コースともなれば展開される授業の問題は最高峰の難易度を誇るものばかりであり、確かに元々その科目の実力がある生徒にとってみればいい腕試しになったかもしれませんが、苦手な生徒からすれば謎が増えるだけ、結果として意味を為さず、言うなれば「わからないことがわからない」状態に陥ります。こうなっては、学習の目処も立ちません。現に私もこの状況に陥ってしまっていました。
 また、もう一つとしては通学(ひいては下宿)の手間に関してです。浪人中には極力、学習以外に手間を取られないようにした方がいいというのは明白な事実であります。
 以上をふまえ、「自分の実力相応の授業」「苦手科目に集中して教わることができる」「下宿せずに通学できる」という点を考慮した結果、旧帝&医学部受験学院で学習させていただくことにしました。
 旧帝&医学部受験学院での授業は基本的にマンツーマン(個別指導)です。私はこれが何よりの魅力であると思います。先生と自分の成績や希望に合わせて一緒に課題を決定し、具体的な自分の苦手な点を指摘して頂いたり、不明な部分などがあれば逐一補足・訂正を加えて頂いたり等、大手予備校ではまずあり得ません。しかし客観的に見ても、これが最も効率的な成績向上の途であるように思います。
 私自身、全く曖昧な知識の寄せ集め状態だった数学を、一年で医学部に届くレベルまで持ち上げることができたのは旧帝&医学部受験学院の先生との学習の進捗状況や出来・不出来の具合の連絡を密にしていたからこそであり、これはマンツーマン授業でしか成し得ないことです。
 
 私の医学部合格は、旧帝&医学部受験学院での一年がなければ夢のまま散っていたことでしょう。この場を借りて先生方に重ねて御礼申し上げると共に、旧帝&医学部受験学院で蛍雪の時を過ごす受験生の皆さんが見事目標を達成されることを願って止みません。

医学部合格よかったね!
2 浪・ Y くんの医学部合格ストーリー

ボクは高校時代、地元では一流の高校に行き、大手進学塾にも数カ所通っていた。さぼっていた訳ではないけれど、現役での医学部合格はムりだった。浪人すれば合格できると思い、
一浪の時は都内の大手予備校に行った。 春、大手の医学部コースに入ったのだから、なんとかなるだろうと甘い考えでいた。しかし、数ヶ月経っても成績は上がる事もなく、
誰かと話す機会もなく、参考になるような学習アドバイスを受ける事もなく、ただ、時間が過ぎた。秋、ボクはまた合格できないことを予感した。 冬、結局、また合格できなかった。
 
さて2浪目、東京での生活にはうんざりしていた。このままだと2浪しても医学部合格はたぶんムリだと想像できた。ボクは遊んでいた訳ではないけれど、東京での浪人生活で成績は現役の時より下がったからだ。ボクは本当に落胆して群馬に帰ってきた。ものすごく寂しかった。焦ってもいた。不安だった。 群馬県には医学部専門の予備校は旧帝&医学部受験学院しかなかった。地元の小さな塾・予備校だ。塾名は知っていたが、外観は普通の家に見えるので、不安だった。とりあえず親のすすめで体験入学に行った。驚いた。いろいろな面で普通の塾ではなかった。塾長先生は自信満々で、笑顔。「とりあえず一番高いコースで毎日レッスンしますか?」と言われた。両親は喜んで入塾させた。数ヶ月後、ボクの生活はとても楽しくなった。A判定がすぐにとれるようになった訳ではないけれど、不安はあったけれど、成績は上がってきた。何とかなる気がする。そして夏が過ぎ、秋が過ぎ、必死に勉強する日々が続いた。 模擬試験の判定は良くなってきた。 冬、風邪を引かないように必死に体調を整え、医学部を受験した。そして、ようやく合格できた時は本当に安心した。
第一志望の医学部ではなかったけれど、春の成績からすれば、上出来だった。 合格できて、本当に良かった。 

高校生
高校1年生から卒業迄、1時間かけて塾には通っていただきました。ありがとうございます。

私が旧帝医学部受験学院にお世話になったのは、高校1年生の春休みからでした。高校生活を1年間過ごしてみて、自分自身の勉強方法が見つからず、学力が伸び悩んでいた頃、「旧帝医学部受験学院」の“偏差値10アップ・20アップした自分を想像してみて!個人レッスンで確実に弱点克服を“という文面にこの塾しかないと思い、迷わず門をくぐりました。
短期間で偏差値が10もアップできるのだろうかという不安は塾長のヒロ先生にお会いして、すぐかき消され、「できるのだろうか?」から「やればできる。私もがんばる。」に変わりました。確実に私の弱点を克服するための的確なアドバイスと勉強指導のみならず、部活や学校での不安や悩みを否定することなく私の話を聞いて下さいました。
塾長のヒロ先生とレッスンをして下さった講師の先生の綿密かつ適切な指導により、入塾当時では考えられなかった大学に無事合格することができました。このような結果を出すことができたのも、私の弱点をどんどん苦手から得意に変えてくださったお蔭かと思います。決してあきらめず、挑戦する勇気を教えていただきました。
塾長のヒロ先生をはじめ、担当の講師の先生、及びお世話になった先生方に感謝の気持ちで一杯です。2年間ありがとうございました。東京での学生生活の4年間、今まで教えていただいたことを胸に頑張りたいと思います。

社会人
TOEIC700突破して、次はTOEIC800です!

 私が初めてヒロ先生にお世話になったのは、高校2年生になるときでした。当時成績がなかなか伸びず、悩んでいましたが、ヒロ先生と個人レッスンをしてくださった講師の先生の綿密かつ的確な指導により、入塾前では考えられなかった大学に合格することができました。

 東京での大学生活を終え、地元で就職した私は、職場と自宅の往復のみの生活に味気なさを感じていました。昔からバイリンガルに憧れていたこともあり、一念発起して英語の勉強を始めました。勉強を始めてから初めて受けた昨年5月のTOEICでは525点。7月にも受験しましたが、全く手ごたえがなく、愕然としました。そこで、“英語と言ったらヒロ先生だ”と思い、すぐに先生に連絡をとりました。

 数年ぶりに訪れた私を先生は以前と変わらず温かく迎えてくださいました。3ヶ月後にTOEIC700点を目標に、先生の「あなたならできるわ。一緒に頑張りましょう!」という言葉に励まされ、一心不乱に勉強に取り組みました。その中で、高校生の頃の志望校に向けてひたむきに頑張っていた気持ちがよみがえってきました。

 そして、10月のTOEICでは765点を取ることができました。次は800点突破を目指します!また、先生の勧めもあり、2月に1週間ですが、オーストラリアに語学留学する予定です。不安もありますが、それ以上にワクワクしています。短い期間ですが、本場の英語に触れ、人との出会いを大切にたくさん学んできたいと思います。先生の後押しのおかげで勇気を出して一歩踏み出すことができ、感謝の気持ちで一杯です。これらもご指導のほどよろしくお願いいたします。

社会人
TOEIC800突破して、次はTOEIC900です!

 私が入塾して早半年が経ちました。「TOEIC800点突破」に向けて問題集に取り組むうちに、次第に耳が英語に慣れてきてリスニングは点が伸びてきました。一方、リーディングはなかなか点が安定しませんでした。先生から「リーディングには単語の暗記が重要」とアドバイスをいただき、単語力の強化に努めました。そして、1月にTOEICを受験し、今までにない手ごたえを感じることができました。

 2月になり、オーストラリアでの語学留学に出発しました。今回はホームステイしながら現地の語学学校に通いました。先生から事前に聞いて覚悟はしていましたが、本場の英語のなんと早いこと!TOEICのリスニングがゆっくりだと思えるくらいでした。ですが、相手の言っていることを理解したい、自分の考えを相手に伝えたい、と思い、必死で会話や授業についていこうと努力しました。中国、イタリア、スイスなど様々な国から来たクラスメイトたちから刺激を受けたり、困ったときに現地の人に助けてもらったり、本当に有意義な1週間でした。大変なこともありましたが、留学してよかったと心から思います。

 帰国後、1月のTOEICの結果が届きました。結果は820点!入塾前は考えられなかった点数です。次は900点を目指します。大きな目標ですが、達成できるよう頑張ります。ヒロ先生、これからもご指導のほど、よろしくお願いいたします。


TEL 050-5835-2227
受付時間 午前9時〜午後6時