コロンビア大学合格

英語塾の進学アカデミーは英語通信教育の専門塾

TOEIC、留学にも対応。塾長のヒロ先生はTOEIC、留学のスペシャルコンサルタント。アメリカ留学経験豊富。国内最高クラスの留学コンサルタント。

現役時代、ボストン大学とコロンビア大学に合格しました。その他の大学からは、入学の条件として60万円差し上げます。100万円差し上げます等の条件付きもありましたが、当時はボストン大学に進学を決めました。

ボストン大学への進学を決定した理由は5つあります。

1. ボストン大学へは特別生として入学が許可されたので、プレイスメントテストは免除。そして入学前の授業については電話でレジスト出来ました。
2. NYCとボストンを比べた場合、ボストンの方が家賃が安い。また、NYCでは、20万円のドアマン付きのオックスフォードアパートに住まないと危ないと当時の友人にアドバイスされました。私はその当時、他人の嫉妬に無頓着で、それが嘘だとは気がつきませんでした。月20万円の家賃+その他生活費を支払うとなると、親の負担も相当な金額になるので、それならボストンで良いかなと思いました。
ボストンのアパートは、当時の金額で家賃63000円ならプール・ジム・セキュリティーサービス・レクリエーションルーム・サウナ・テニスコートが付帯サービスで付いていたので、とても快適でした。アパートの敷地内は、警備員がドーベルマンと一緒に24時間巡回し、何かあれば専用電話で警備員が駆けつけてくれることになっていました。お安く、至れり尽くせりなのです。
ボストン大学もとても良い大学で、施設はきれい、真冬でも最高の暖かさ、敷地内は電車で移動、教授陣も素晴らしい。全米屈指のお金持ち大学と言われていただけあり、至れり尽くせりサービスでした。友人にも恵まれました。
3. 当時、コロンビア大学の知名度は今ほど高いわけではなく、当時は研究者になりたい人が行く大学と言われていました。両親は「ボストン大学の方が日本では有名だから」と言う理由でボストン大学への進学を勧めました。
4.実際にコロンビア大学で事前説明会に行き、対応に不満を感じたので、ボストン大学の方が幸せな学生生活が送れるかな?と思いました。
5. 就職するつもりで大学に進学するのではなく、当時は小説家になりたくて大学に進学を希望していたので、正直どちらでも問題は無かったのです。

ボストン大学を卒業してから長い年月が経過しましたが、先日も大学教授とメールする機会に恵まれ、とても幸せだと感じています。卒業した学生を覚えていてくださいる教授には感動します。
コロンビア大学に進学していたらまた別の人生があったとは思いますが、ボストン大学へ進学したことに後悔はありません。

私が当時からずっと後悔していることは、ハーバード大学を受験しなかったことです。これについても、私の成績に嫉妬した人間に騙されてしまったことが原因なのですが、その後、ハーバード大学経営学部と教育学部の授業を受講し修了することになったので、結果良かったと思っています。

TOP
テキストのコピーはできません。